花粉症にもおすすめ!ナノスチーマー
花粉がたくさん飛散している時間帯は日中になりますが、昼間は乾燥することや気温が高くなりやすいのが花粉を飛散させる上で好条件になっていて反対に朝や夜などは花粉の飛散量がかなり少なくなるので花粉症対策を考える場合は時間帯も考えることが大切です。
人間と同じように日中活動して夜間になると活動を休止するという部分もありますが、それだけでなく気温や湿度なども深く関わっており、花粉は気温が高く湿度が低い状態の時に多く飛散されやすい特徴があるので昼間はこの条件を満たしやすい特徴があります。
空気中の湿度と気温には相対関係があり、湿度が下がると気温が上がり反対に湿度が上がると気温は下がるという関係性があるので、太陽が出て気温が上がる日中はそれだけ湿度が下がりやすく、反対に太陽の光が届かず気温が下がる夜間になると湿度は高くなります。
湿度が低いと空気中を浮遊している水蒸気がそれだけ少なくなるわけなので花粉が飛散しやすい環境が作られますが、一方で湿度が高いと空気中を浮遊している水蒸気量が多いことから花粉が遠くに飛散することが難しくなるので花粉症対策を考える上で湿度が高い方が動きやすくなります。
また、雨が降った日に花粉が飛散しにくいのも湿度が関係しているわけですが、長らく雨が降った後に晴れた日は過剰に花粉が飛散しやすいなどの特徴もあります。
天気予報でも花粉の飛散量はチェックすることができるようになっているので、日頃からきちんとチェックして飛散する花粉量に応じた花粉症対策を進めて行きたいものです。